企業情報

キューブスは創業時から最先端の技術を取り込み、それをソリューションとして市場に提供し続けてきました。
弊社名である「キューブス(Cueβs)」は「Cue」と「β」と「s」をつないで作られた造語です。 世を動かすきっかけになるようなサービスを提供したい。そんな思いから社名に「Cue」を冠しています。 また、社名に敢えて「β」をいれることで、「私たちは常に成長し続ける」、「慢心してはいけない」という弊社の強く明確な意思を表現しています。「s」は、いわゆる複数形の「s」です。一人でなしえないことであっても、仲間と協力して業をなすという意味が込められています。
つまり、「キューブス(Cueβs)」は、仲間と一緒に世の人々に訴えかけるようなサービスを提供し、かつ、現在の状況に満足することなく、常に次の目標に向かって邁進する。そんな企業なのです。

企業概要

会社名 株式会社キューブス(英表記:Cueβs)
設立 1999年5月
代表取締役 下野 雅芳
資本金 2500万円
従業員数 12名(2013年4月現在)
事業内容 R&D(研究開発)
研究開発事業部では、大学との連携を通して 新技術の開発を進めています。
詳しくはこちら ソフトウェアインテグレーション
ソフトウェアインテグレーション事業部では、お客様主体(マーケットイン)というポリシーに基づき、様々な製品・サービスの相談、提案、システム開発、保守を行っています。
詳しくはこちら エデュケーション
めまぐるしい変化を続ける情報化社会のニーズに対応できる技術者育成を行なっています。さまざまなトレーニングプログラムを通じて、キャリアアップおよびスキルチェンジをサポート致します。また、企業さまのニーズに応じたIT活用およびIT人材教育のコンサルティングも行なっています。
詳しくはこちら
沿革 1996年10月Computer and Utility Engineering 合資会社設立
1999年5月株式会社キューブス(英語表記Cueβs Co., Ltd.)設立
1999年5月本社を飯塚市幸袋に移転
2000年4月自社開発の音声補間フィルタで中小企業創造法の認定企業として認定される
2001年9月ウェブマーケティングサーバの開発に着手
2002年5月福岡市早良区百道浜に福岡百道浜オフィス開設
2002年6月自己学習型ウェブマーケティングサーバ開発成功・特許出願
2002年10月DTP事業として地域情報誌SQUARE創刊
2003年9月自己学習型ウェブマーケティングサーバ特許公開
2003年10月三井物産戦略研究所さまと業務提携
2004年3月地域情報誌SQUARE編集部を売却
2005年10月福岡百道浜オフィスをRKB毎日放送会館へ拡張移転
2006年10月福岡百道浜オフィスをSRPビルへ拡張移転
2008年8月東京オフィスを西新宿に開設
2011年10月東京オフィスを麹町に拡張移転
2012年10月福岡百道浜オフィスを福岡AIビルへ拡張移転